SWB,C,Fシリーズ

使用条件範囲

使用及び適用 工業用圧縮空気・非腐食性ガスの除湿
入口流体温度 -20 ~ +55℃ (凍結なきこと) 除湿性能を維持する為に、入口流体温度(Tinlet)と周囲温度(Tambient)の差を低くし、
次の範囲でのご使用を推奨します。
| T inlet - T inlet | ≦5℃
周囲温度 -20 ~ +55℃ (凍結なきこと)
入口流体圧力 供給ガス: 0~ 0.85MPa(Gauge)
パージガス: 0~ 0.05MPa(Gauge)

標準仕様

型式 供給空気流量
L/min(ANR)
寸法
mm
継手サイズ 質量
gf
内蔵バージ回路
供給ガス
入口/出口
パージガス
入口/出口
  SWB-01-100 ~150 Φ=32 L=240 Rc1/4
(NPT1/4)
Rc1/4
(NPT1/4)
220 -
  SWB-01-200 ~100 Φ=32 L=340 275 -
  SWB-02-100 ~300 Φ=50 L=310 Rc3/8
(NPT3/8)
Rc1/2
(NPT1/2対応可)
625 -
  SWB-05-100 ~600 600 -
  SWB-10-150 ~1200 Φ=75 L=340 Rc1/2
(NPT1/2)
- 1400
  SWB-17-200 ~1800 Φ=110 L=370 Rc1
(NPT1)
- 4810

※供給空気流量の欄に記載の数値は、供給空気圧力が0.7MPaにおいて、供給空気入・出口間の圧力損失が0.035MPa以下である流量を 示します。

型式 供給空気流量
L/min(ANR)
寸法
mm
継手サイズ 質量
gf
内蔵バージ回路
供給ガス
入口/出口
パージガス
入口/出口
  SWC-M04-70/OP ~15 W=36 H=75 D=15 M5
(Female)
M5
(Female)
50 -
  SWC-M04-70/IP -
  SWC-M08-100 ~50 W=61 H=112 D=31 Rc1/8
(NPT1/8)
- 270
  SWC-M08-100/H*1
  SWC-M15-100 ~80 W=61 H=112 D=31 Rc1/8
(NPT1/8)
- 270
  SWC-M15-100/H*1
  SWC-01-150 ~150 W=70 H=153 D=40 Rc1/4
(NPT1/4)
- 345
  SWC-02-250 ~300 W=100 H=200 D=50 Rc3/8
(NPT3/8)
- 680
  SWC-03-250 ~450 725
  SWC-03-250/H*1

※供給空気流量の欄に記載の数値は、供給空気圧力が0.7MPaにおいて、供給空気入・出口間の圧力損失が0.035MPa以下である流量を 示します。
*1 低パージ仕様です。

型式 供給空気流量
L/min(ANR)
寸法
mm
継手サイズ 質量
gf
内蔵バージ回路
供給ガス
入口/出口
パージガス
入口/出口
  SWF-M06-400 ~30 Dia=25 L=516 Rc1/4
(NPT1/4)
Rc1/8
(NPT1/8)
120 -

※供給空気流量の欄に記載の数値は、供給空気圧力が0.7MPaにおいて、供給空気入・出口間の圧力損失が0.035MPa以下である流量を 示します。

ご使用にあたって

供給ガスについて

  • 供給ガス中のドレンや異物などを取り除くために、供給ガス入口配管に濾過度5μm以下のフィルターを設置してください。
  • 給油式圧縮機ラインに使用する場合には、供給ガス入口配管に濾過度0.3μm以下 (95%捕集粒径) のオイルミスト分離器を設置し、オイルミスト濃度を1mgf/Nm3としてください。
  • 供給ガスは清浄なものとし、ゴミ、腐食性ガス、有機溶剤、化学薬品などが混入しないようにしてください。
  • 減圧弁をご使用の際には、除湿効率を高めるために、乾燥ガス出口側に設置することをお薦めします。

パージガスについて

  • 中空糸膜を透過した水蒸気を排出するために、生成した乾燥ガスの一部、もしくは外部から供給した乾燥ガスを中空糸の外側に流します。
    このガスを『パージガス』といいます。

パージ率とは

供給ガス流量に対するパージガス流量の割合をパージ率といいます。

サンセップ®の標準パージ流量比率は、供給ガス流量の10~20%程度です。
すなわち、除湿されたガスの生成比率は供給ガス流量の80~90%となります。

  • パージガス入口/出口に過度な圧力を加えないようにしてください。(max.0.05MPa (Gauge))
  • パージガスを10 L/min (ANR)以下の少量で使用する場合には、ニードル弁よりも固定オリフィスを使用されることをお薦めします。

パージ回路内蔵モデルについて

  • SWB-10-150、SWB-17-200およびSWCシリーズ(SWC-M04-70/OPを除く)は、『パージ回路内蔵』モデルです。
  • パージ回路内蔵モデルでは、供給ガスの一部がパージガス回路へ自動的に流れます。
    そのため、ドライヤーの外側にパージ配管を設ける必要が無く、簡便にご使用頂けます。
  • 消費されたパージガスは、ハウジングの下部もしくはパージガス出口より排出されます。
    出口に配管を接続することで、パージガスを別の場所へ排出することも可能です。
  • 具体的なパージ空気流量は、各製品のページをご覧ください。