ホーム > 会社案内 > 会社経歴
会社案内

会社経歴

1959年 7月(昭和34)
(株)京葉製作所を市原市五井海岸に設立 (資本金5,000万円)
1976年12月(昭和51)
旭硝子(株)千葉工場の施設部門を統合
1984年10月(昭和59)
旭硝子(株)千葉工場の電気課を統合
1985年 4月(昭和60)
旭硝子環境エンジニアリング(株)と合併し、社名を旭硝子エンジニアリング(株)に変更、組織改編並びに増資 (資本金3億円)
1987年 4月(昭和62)
環境事業部(東京都中央区八重洲)を文京区湯島に移転
1989年 1月(平成1)
東京支社として環境事業部ほか、江東区亀戸・立花アネックスビルに移転拡充
1999年10月(平成11)
本社・東京支社を統合し、本社を千葉市美浜区中瀬・ワールドビジネスガーデンに移転
経営資源の集約化、総合力の強化を図る
2001年 4月(平成13)
セレミオン事業部を新設
2003年 1月(平成15)
金型事業部門を分社化
2004年 4月(平成16)
AGC旭硝子よりエコセーフ事業移管
2007年 7月(平成19)
社名を旭硝子エンジニアリング(株)からAGCエンジニアリング(株)へ変更
2008年 1月(平成20)
セレミオン事業部と機能商品事業部を統合し、メンブレンシステム事業部(現:メンブレン事業部)を発足
2008年12月(平成20)
AGC旭硝子のフッ素樹脂製品製造のため、RCP事業推進室を設置
2013年 1月(平成25)
RCP事業推進室をコンパウンドグループ(現:コンパウンド部)へ名称変更
2017年 3月(平成29)
一部の事業をAGC旭硝子に譲渡し、事業再編と組織改編を実施
2018年 3月(平成30)
新カンパニービジョン制定

※ 旭硝子株式会社は、2018年(平成30)7月より「AGC株式会社」へ社名変更。会社経歴に記載の「旭硝子(株)」や「AGC旭硝子」等は、当時の表記です。